エンジニアのためのコミュ障対策

大丈夫!コミュ障は克服できる!

エンジニアのコミュニケーション障害はレバテックフリーランスを活用して克服!

「レバテックフリーランス」で自由の身に!

モラハラなら職場を変えよう!

「レバテックフリーランス」で自由の身に!

レバテックフリーランスで自由になる

モラハラの影響でコミュ障になったエンジニアが職場を変えて自由になるためにサポートしてくれる転職サイトのひとつが「レバテックフリーランス」です。大手企業からベンチャーまでたくさんの案件があり、高単価な報酬も多いと評判です。特に以前の職場の人間関係で苦しんだエンジニアがフリーで活躍したいと思うときに、まずチェックしておきたい転職エージェントだといわれています。
複雑な人間関係から離れて自由に自分のスキルを発揮するためには、正社員として雇用されるよりも高給を手にすることを目指してフリーランスで働くことがよいケースもあります。フリーランスで働くときに気を付けるべきことは中間搾取が少ない取引先をみつけることです。その点でいえばレバテックフリーランスのサポートを受けた場合は基本的に中間業者が他に入らないため安心です。

テクニカルカウンセラーの話を聞ける

レバテックフリーランスには業界をよく知っているプロのマッチングテクニカルカウンセラーがフリーランスで働くエンジニアの希望を聞き、その希望通りの案件を紹介してくれるそうです。テクニカルカウンセラーと言うだけあり、エンジニアが知りたい技術面の話が出来るため知りたい情報の詳細を知ることができます。業界の最新情報も網羅しているためエンジニアと紹介する案件のミスマッチが起こりづらいのも特長だそうです。カウンセリングでは他業者に比べてもかなり時間をかけて話を聞いてもらえるので、そのことにびっくりするエンジニアも多いそうです。

企業と連携を結んでいる

レバテックフリーランスの企業担当者はエンジニアのニーズにこたえるために直接企業へ訪問をして詳細な情報を引き出しています。企業側からもどんなエンジニアを求めているかを引き出しているためにマッチングがしやすくなっているといいます。企業とエンジニア双方と信頼関係を結んでいるために、実際に企業とエンジニアを引き合わせる段階でも企業担当者が同行してくれて、報酬面や待遇の調整もしてくれると評判です。

参画中もフォローがある

実際に仕事を始めたエンジニアに対してもサポートが続きます。現在どのような状況にエンジニアがあるのか、心配事や相談がないかなど各種のサポートを行ってくれるフォロワーがレバテックフリーランスには存在しているのもコミュ障で悩んだ経験のあるエンジニアには安心な材料になると思います。

レバテックフリーランスでは、定期的にランチをしながら状況の聞き取りをしてくれたり、契約更新の段階でも交渉にあたってくれます。
https://freelance.levtech.jp/

フリーランスで働くことは自由を得るというメリットがありますが、孤独になりがちですので定期的にコミュニケーションをとってくれる存在がいることは心強いのではないでしょうか。

コミュ障に打ち勝つ知識を紹介!