エンジニアのためのコミュ障対策

大丈夫!コミュ障は克服できる!

エンジニアのコミュニケーション障害はforkwell Jobsで克服!

「forkwell Jobs」で環境を変えよう!

モラハラなら職場を変えよう!

「forkwell Jobs」で環境を変えよう!

forkwell Jobsで新しい職場探しを

コミュニケーション障害で苦しんでいるエンジニアのみなさんのコミュ障になった原因がパワハラだった場合、早急にその職場を離れる必要があります。適切な場所で治療をして新しい職場を探す気になった時に自力ではなく転職サポートサイトの力を借りることをおすすめします。そんな転職サポートサイトの中でエンジニア・フレンドリーな開発者向けの求人サイト「forkwell Jobs」を紹介します。

エンジニア目線で作られた求人サイト

forkwell Jobsは毎日のように開発の現場で働いているエンジニア達が企画立案し、エンジニア目線に立ってゼロから作り上げた求人サイトです。そのために他のサイトではあまり詳細がよくわからなかった「企業で実際に求められているエンジニアの技術」や「開発環境の詳細な情報」などが求人票に網羅されています。職場の情報があまりわからないとコミュ障で苦しんだ経験がある人は敬遠してしまいがちです。
しかし詳細な情報が掲載されていて、もし自分がその会社に入社したらどのような役割をまかせられるかが求人票から読み取ることができれば「自分も働いてみたい」と思えるようになるかもしれません。

立ち上げの理由

エンジニアの人材不足は相変わらず続いています。つまりエンジニアの需要は依然高いままです。企業は優秀なエンジニアの争奪戦を行っていますが、その企業の熱意や、やりがいのありそうな環境などが当のエンジニアたちに伝わっていないケースが多いそうです。この原因になっているのが「企業の提出する情報」と、「エンジニアが企業から本当に知りたい情報」に食い違いがあったからだと言われています。forkwell Jobsがエンジニア向けの求人サイトを立ち上げたのもそこが理由になっています。
エンジニアが企業から知りたい情報を求人票に網羅することで、エンジニアの就職意欲を促すのが狙いです。少しでも企業とエンジニアの間のミスマッチをすくなくすることで企業側にもエンジニア側にもメリットがあるからです。

forkwell Jobsの特徴

forkwell Jobsは開発に関するこだわりがある求人を探すことができると評判です。 https://jobs.forkwell.com/

「アジャイルを使用している」などエンジニアにしかわからないようなこだわりを尊重した求人情報が掲載されています。また開発の現場で実際に利用されている言語などのインフラに関わるような情報だったり、開発を行うチームの編成はどのように組まれているかなども求人票に詳細に書かれています。自分の得意な言語やチーム編成などを知ったうえで転職先を決められるので不安なく応募することが可能になりそうです。

コミュ障に打ち勝つ知識を紹介!