エンジニアのためのコミュ障対策

大丈夫!コミュ障は克服できる!

コミュニケーションに悩むエンジニアは職場環境を変えることも大切

モラハラなら職場を変えよう!

モラハラなら職場を変えよう!

コミュニケーション障害の発症は自分が持つ性質だけが要因とは限りません。職場のモラルハラスメント(略してモラハラ)が原因となって発症していまうケースも多々あります。モラハラをしかける人はプライドが高い上に用心深いので、モラハラに気づいたら早めにその職場を離れるのも賢明な選択です。環境を変えることはコミュニケーション障害を克服する大きな一歩となりえます。エンジニアの新しい職場探しにおすすめの「フォークウェルジョブズ」と「レバテックフリーランス」を紹介します。

モラハラなら職場を変えよう!の記事一覧

モラハラに苦しめられたら

モラハラに苦しめられたら

うまく仕事関係の人とコミュニケーションがとれないというエンジニアの人は一度自分はモラハラを受けていないか考えてみるといいと思います。職場に自分に対してモラハラをしてくる人はいないかどうか、冷静に考えてみましょう。モラハラを仕掛けてくる人はターゲットに「自分はダメな人間」というレッテルを貼り、自主性を奪い主従関係を結びます。その上で奴隷のように言いなりに扱いますので、ターゲットにされる側がコミュ障になるのは当然です。早く気付いてその職場を離れましょう。

「forkwell Jobs」で環境を変えよう!

「forkwell Jobs」で環境を変えよう!

コミュニケーション障害の原因が職場のモラハラだったとしたら、すぐにその職場を離れて新しい職場を探すことをお勧めします。エンジニア向けの求人サイトとしておすすめなのが「forkwell Jobs」です。このサイトは現場で開発に携わっているエンジニアたちが一から立ち上げたエンジニア向けのサイトです。エンジニアが本当に知りたい情報が網羅されている求人票が特徴ですので、コミュ障に苦しんでいた人も働く気が起こるかもしれません。

「レバテックフリーランス」で自由の身に!

「レバテックフリーランス」で自由の身に!

以前の職場でモラハラなどを受けてコミュニケーション障害になったエンジニアはフリーランスとして自由に働くという選択肢もありだと思います。そんな時にサポートをしてくれる存在が転職サイトの「レバテックフリーランス」です。フリーランスで働くときに高い報酬を得るためにはできるだけ中間業者がいないほうがよいのですが、レバテックフリーランスの案件には基本的に他の中間業者がいないので安心です。仕事を始めてからもフォローがあり心強い存在になるのではないでしょうか。

コミュ障に打ち勝つ知識を紹介!