エンジニアのためのコミュ障対策

大丈夫!コミュ障は克服できる!

エンジニアを悩ませるコミュニケーション障害とは

コミュ障ってどんな病気?

知ってる?コミュ障の基礎知識

コミュ障ってどんな病気?

コミュ障の基礎知識

まずはコミュニケーション障害こと「コミュ障」とはどんな状態なのかを知りましょう。コミュ障は何らかの原因によって、対人関係が上手にできなくなり、人と普通にコミュニケーションをとることが難しくなっている病気のような状態です。仕事上で普通に必要とされるような対人関係を維持することが難しくなり、仕事がうまくいかなくなります。普通の社会生活を送るのも難しくなっていくこともあり、近所に買い物に行くにもかなりの精神力が必要になり最悪引きこもりになることもあります。
現代では若者を中心に多く発病していて、これといった特効薬がないのも特徴です。メンタルクリニックに通院するなどのメンタルケアが解決策では最善とされていますが、回復にはかなり時間がかかる人も多くいます。まずは周囲の人に対して苛立ちを覚えて不信感を覚えますが、そのうちにその怒りは以前のように上手にコミュニケーションを取れない自分に向かってきます。
そして自己嫌悪になってさらに症状が悪化する場合もあり、うつなどに進行するケースもあるようです。また身体的な特徴推しては健康体であるのにもかかわらず吃音症になったり言語発達に遅れが出たり、どもったり失語症になる人もいます。

コミュ障かどうかのチェック方法

エンジニアをしているみなさんの中でも「もしかしたら自分はコミュ障かな」と思い当たる人もいらっしゃるかもしれません。そこで「こんな感じだったらコミュ障の可能性が高い」という点を挙げてみたいと思います。まずはコミュニケーションをとるために必要な脳や声帯などに特別な疾患がない健康体であるのが前提になります。健康体なのに普通にできるはずのコミュニケーションが取れない場合はコミュ障の可能性が高くなります。コミュ障かどうかを判断するのに最もふさわしいのが「会話がきちんとできるかどうか」だと思います。
まず会話をするときにどもったり、自分が言いたいはずの言葉が出てこないことが頻繁にある方は要注意だと思います。自分の考えを理路整然にとはいかないまでも筋道をきちんと立てて話すことができない方もコミュ障の可能性があります。最近友人からかかってきた電話に出るのが億劫で出なかった、しかもそのまま放置してしまったという経験がある人もコミュ障の可能性があります。また仕事相手からの電話に出られなくなった経験がある場合はかなりの可能性でコミュ障になっていると考えられます。
このように、きちんと会話をするつもりがあるのにどもったり言葉が出てこなくて「会話がきちんと成立していない」場合と、電話を避けたりするなど「会話が苦手だし嫌なので会話を避けている」場合はコミュ障になっている可能性が高いとみていいでしょう。

コミュ障に打ち勝つ知識を紹介!