エンジニアのためのコミュ障対策

大丈夫!コミュ障は克服できる!

まずはコミュニケーション障害の基礎知識を理解しよう

知ってる?コミュ障の基礎知識

知ってる?コミュ障の基礎知識

コミュニケーション障害、略して「コミュ障」について、実際はどんな病気なのかよくわからない人も多いかもしれません。エンジニア職でコミュ障に悩む人も少なくありません。ここでは、コミュニケーション障害はなぜ起こるのか、具体的にはどのような症状がみられるのか、症状が悪化するとどんな支障がおきるのかなど、コミュ障に至る経緯や症状等の基礎知識をつけて理解を深めていきます。「コミュ障」かどうかを判断するチェックポイントも紹介しますので、まずはチェックしてみましょう。

知ってる?コミュ障の基礎知識の記事一覧

コミュ障ってどんな病気?

コミュ障ってどんな病気?

「コミュ障」に悩んでいるエンジニアの方は多いと思います。コミュニケーション障害の基礎知識としてコミュ障とは何かが原因でコミュニケーションをするべき相手や状況できちんと会話ができなくなってしまう病気のような状態を指します。どもりがあったり言葉が出てこなかったりするケースもあります。自分がコミュ障かどうかわからないという人は「会話」に注意してみましょう。自分が相手に伝えるべきことを筋道立てて伝えられていない場合や、会話をするのが嫌なので電話に出るのを避けた経験がある人は要注意です。

「人からよく思われたい!」願望は危険

「人からよく思われたい!」願望は危険

エンジニアでコミュニケーション障害になっていて苦しんでいる人がいます。コミュ障の基礎知識として「コミュニケーションをとるべき人ときちんと関係を築けない」という傾向があります。なぜこうなってしまったかというと、ある危険な考え方に行き当たります。それは「他人に好かれたい」という考えを生き方の最優先にするという考え方です。子どもの頃はよくても大人になり自我が出てくると「好かれたい自分と本当の自分のかい離が激しくなり」いつか限界がきます。結果社会に出るのが億劫になりコミュ障になることもあるのです。

クリエイティブな一面も

クリエイティブな一面も

コミュ障の基礎知識として「コミュニケーションが苦手で、コミュニケーションを避けてしまう」傾向の人が多いことが挙げられます。しかしコミュ障の人は短所だけで長所がないというのは本当でしょうか。実はコミュ障になる原因として「感受性の強さ」と「完璧主義」という性質を持っていることが考えられます。そしてこれらの能力はクリエイティブな仕事をするために欠かせない能力でもあります。エンジニアなどのクリエイティブな仕事をするにはコミュ障であることがよい方向に出ることもあるのです。

コミュ障に打ち勝つ知識を紹介!